アップグレード

測定要件に変更があった場合は上位機種へアップグレードが可能です。


ATOSスキャナ

ATOS Coreシステムは、ATOS Triple ScanまたはATOS Compact Scanと組み合わせて、測定範囲を追加することもできます。

ATOS Triple Scanは最大16メガピクセルの解像度を備え、広範囲な測定や高解像度が必要な場合に使用されます。これにより、測定範囲38 mmまでの非常に詳細な小型パーツに対する最高解像度、または測定範囲2 mまでの巨大な対象物の非常に高速なデジタイジングが可能です。TRITOPと併用することで、ATOSシステムは30 mを超えるパーツを高解像度でスキャンできます。 [詳細]


ATOS ScanBox

ATOS ScanBoxは標準化された光学式3D測定機であり、初期投資は従来のCMMと同等です。ただし、ATOS ScanBoxは小型パーツから大型パーツの全体表面形状測定、測定結果のわかりやすい視覚化、容易に問題箇所の発見、完全なレポート作成の機能を備えています。

ATOS ScanBoxは、小型パーツ測定用のバージョン、最大直径3mまでのパーツやコンポーネントを簡単にクレーンやフォークリフトで設置できる大型測定用バージョンを利用できます。 [詳細]


ソフトウェア

GOM Scanソフトウェアは基本的な測定要求向けに開発されています。リバースエンジニアリング、ラピッドプロトタイピングなどの用途で高品質データを生成する3Dスキャンに重点が置かれています。GOM Scanソフトウェアは使いやすく、STL形式で高品質3Dポリゴンメッシュを出力します。

ATOS Professionalソフトウェアは複雑なな形状および寸法解析に使用します。パラメトリック検査を使用して、ソフトウェア内のすべてのアクションと解析ステップを完全にトレースし、リンクできます。セレクティブ&バック・プロジェクションおよびトラッキング、タッチプローブ、またはアダプタ用途でのダイナミックリファレンスの機能があります。 [詳細] [詳細]